自分で治す方法の準備

心の病気というわけではないのですが、心の状態によって免疫力に差が出てくるのではないかという説があって、それを研究することが人気になっています。

 

それを精神神経免疫学というふうにいって、その免疫力を高める方法があるということがわかってきました。
いわば自然治癒力ですね。

 

以下の行動がその自然治癒力を高めるとされています。

 

ヒーリング(癒やし)

泣いているあかちゃんを抱っこすると泣き止んだり、末期がんで苦しくて眠れない患者さんの手を2,3時間握ってあげたりしているとだんだんと眠っていったりします。
人間同士が肌を触れあったりすると癒されるということがわかります。

 

いい香りを嗅ぐ

気持ちのよい香り、心地よい香りは気持ちを落ち着かせて、免疫力を高める働きがあるとされています。
レモンやコーヒーの香りにもそういった効果があるとされていたり。
工場でオレンジの香りを流すと作業員のミスが減ったという報告もあったくらいです。
アロマセラピーは、これを応用して、リラックスできるようにしたものです。

 

睡眠

免疫力を高めるためには、人にもよるのですが、だいたい7〜8時間とることが大事だとされています。

 

よく笑う

昔から笑うと健康にいいといわれてきました。よく笑うことによって、免疫力が高まるということなんですね。
よく笑うことによって、脳がリラックス状態となり、脳の免疫ら浴が高まるというしくみが解明されています。

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

治し方はある?
イボ痔について